グリークハウス

MENU

外壁塗装工事で、家の壁のひび割れにはどのような処置をするの?

外壁塗装で、家の壁のひび割れには
どのような処置をするのでしょう。

 

一般的には、ひび割れを補修してから
上に塗装していきます。

 

外壁のひび割れは、
単に埋めてしまえば良いというものではありません。

 

埋めてもその後で、そこからひび割れてくる場合があります。

 

処置としては、ひび割れの線に沿って電動工具で溝を掘り、
シーリング材で埋めていきます。

 

そしてフィラーを塗付して凹凸処理した後に塗料を塗布します。

 

このような流れで処置することで、しつかりひび割れに対処します。
この方法でひび割れ処置すると、綺麗に直り、見た目も良いです。

 

その後、またひび割れするかどうかは、
上に塗る塗料と補修する人の腕如何です。

 

より、ひび割れに対して、しっかり処置したい場合は、
ひび割れの動きに追従した塗料を使用します。

 

ひび割れの動きに追従できる弾性塗料を利用するとよく、
亀裂が入っても、塗膜が伸びてその動きに追従してくれます。

 

元々、ひびが入らないようにすることを目的として作られた塗料なので、
使用する効果は高いです。(参照:外壁塗装 相場

 

外壁塗装で、家の壁のひび割れ処置をしてもらうときは、
お金がそれなりにかかるので、補償の有無と範囲を確認しておきましょう。

 

外壁塗装の見積もり依頼で、家の立面図は用意しておいた方がいいの?

 

外壁塗装の見積もり依頼の際は、
家の立面図は用意しておいた方がいいのでしょうか。

 

これはもちろん必要です。
家の立面図は、見積もりの際、重要な役割があります。

 

見積書はあくまで概算になり、各家によって大きくかわります。

 

同じ坪数であっても窓の数や大きさはそれぞれで、
建物の高さも違ってきます。

 

施工費用については、塗装面積で大きく変わります。

 

そのため、外壁塗装費用を算出する上で、
実際の塗装面積は重要な要素になります。

 

そうしたことから、外壁塗装の見積もり依頼をするときは、
家の立面図は用意しておくべきです。

 

見積りの際には、家の立面図を提出しないと、
実際の塗装面積を正確に算出することができません。

 

立図面が無い場合、業者は現地で実測し、
正確な面積を出さなければなりません。

 

立図面がないと余計な手間がかかることになります。

 

図面があれば、立面図からかんたんに塗装面積を
算出することができますが、
図面がなければ、見積もりの際、
現物の長さをだいたいで記入しなければならなくなります。

 

外壁塗装の見積もり依頼をする時は、
スムーズに見積もりできるよう、家の立面図は用意しておきましょう。